ひげを剃る。そしてアニメを観る。

アニメの感想を綴るブログ。

なろう原作アニメってはずれしかないの?

なんだか最近、というか近年?胡散臭いタイトルのアニメ多いな~と感じ調べるとだいたいラノベ原作、主に元が非商業ラノベなものが多いんですよね。そこでちょっと時代遅れ感が否めませんが、次郎だの太郎だの言われるいわゆる「なろう」作品について調べ学習も含め書いていきたいと思います。


いろいろ調べてみてあれもこれも「なろう」だったのか!という作品が多くびっくりしてます。
全体を見て、はずれは確かに多い気がする。私自身は1、2話で切ってしまった作品が数知れず、多分に漏れず「ハーレム」「戦闘」「ご都合主義」あり得んありえんそんなものという次元の作品が多数、面白い!といえる要素に乏しいものが多いように感じる。次郎だの太郎だのネタにされるくらいには。
それでも光り輝く作品がないわけではないし、そもそもアニメ化される時点でラノベや小説としての力はあるはずだ!???

※当記事は完璧な独断と偏見です。

個人的な好みで3極化させてみる。(感想も)

できるだけ1作品ずつ感想やレビュー、紹介のようなものを書いていきます。

好み

アニメ映画化の前に実写化された作品。実写からアニメ化という流れだったので個人的には実写の方がよかったな~とか思ってますが、いずれにせよ素晴らしい映画でした。

つい先月劇場版も公開された新感覚異世界コメディコメディ。シリアスも色恋沙汰もなく、それでもギャグ笑い一本でコメディを追求していく姿は他にはない原作の魅力を感じる一作。

後半ダレていたような気がするけど、前半の視聴者の引き込み、「死に戻り」という誰しも一度は考えたことのありそうな展開をシリアス感とお調子感でうまく作り上げたありそうでなかった作品。ヒロイン可愛いー!!!で終わらないなろうの星。

好み?

デスマーチという名の社畜から始まる謎の異世界ハーレム物語。自身は2話で断念してしまった代物。通称デスマ次郎の異名を持つ怪物作品。1話はわりと面白く次なる話数に期待を持たせるものの、異世界に飛んだ途端ハーレム展開に特化。社畜時代の1話が持ち味の短命。

スマホ太郎の怪名を持ち、勢いにのりアニメ化を決めた神アニメ。異世界スマホを持ち込むという分かりやすい設定ゆえ、それを活かしきるキャラや展開があればよかったのだが……。

漫画1、2巻を読了。これは期待できる!そう思わせておいてそんなことはなかった。1話2話と話の進みが悪く1話はスライムがぴょんぴょん跳ねるだけ。いずれは面白くなるのだろうと思いつつ最後まで見届けることは叶わなかった。惜しい。ただアニメもけっこう人気の作品なので私には合わなかったということでしょう。一度視聴されることをお勧めします。

異世界ラノベ原作アニメの王道。チート、ハーレム、それで異世界と奇跡の掛け合わせによりラノベの売り上げは上々なものの、アニメの評価はイマイチな模様(Amazon Prime 調べ)。


以下3作品はタイトルとキービジュアルで断念。残念。
賢者の孫
ありふれた職業で世界最強
魔王様、リトライ!


評価は高そうだけど観たことない作品

盾の勇者の成り上がり(1話だけ見た)
盾三郎と呼ばれているとかなんとか、前評判はなかなかで続編も決まっている模様。ありがちなスタートだったため私は最後まで見られなかった。

魔法科高校の劣等生(ちょっと見てそれっきり)
有名です。ラノベがかなり売れてます。

ログ・ホライズン
ナイツ&マジック(ちょっと見てそれっきり)

考察?

ラノベ自体もそうなのですが、ひときわ読者の年齢層が低そうなのがいわゆるなろう作品なんですよね。無料で読める上に、どんな漫画・小説・アニメよりも夢を見せてくれるのですから、夢破れたいい大人よりも中高生に刺さるのは確実。
それを20も越えた成人が観るのだから評価も上がりづらいのでしょう。アマプラやその他諸々、ひどい評価を受けているものも少なくありません。限界酷評も見受けられます。アニメ化をするのであれば、世界観等々もっと作り手や製作が考えるべきです。原作にむしろダメージを与えるアニメ化はナンセンスなので。

こうした話を踏まえた上で、オススメしたい作品を載せておきます。

ちょっとだけおすすめ作品並べる

君の膵臓をたべたい

この素晴らしい世界に祝福を!

Re:ゼロから始める異世界生活

もう「なろう」原作がどうのこうのではなく、アニメとして面白い作品群になってしまいました笑。有名なものが多いので、すでに見たという方も多そうですね。
キービジュアルすら見た覚えのないアニメは今回は出していないので、そこらへんもオススメってことにしておきます。

最後に

超遠回りになりましたが、この記事を通して言いたいのは、なろうはほとんどの場合が原作の方が面白いってことです。原作は200万部売り上げているのにアマゾンプライムの評価が星5のうち1.5なんですから、きっと原作の方が面白いんですよ。
年々アニメの本数が増え、これまでアニメ化の検討対象になかった作品もとりあえず原作売れてるからアニメ化してるような流れがあります。アニメ化して面白くなるかどうか、どう面白くするか、原作順守が素晴らしいとは言えないような気がします。

そういえば、弱キャラ友崎君くん(なろうではない)がとうとうアニメ化するようですが、これが吉とでるか凶とでるか、原作が抜群に面白く人気があるだけに、作画だけでなくストーリー展開などアニメのニ十分という時間仕様うまくはまるといいなと切に願っています。