ひげを剃る。そしてアニメを観る。

アニメの感想を綴るブログ。

「旗揚!けものみち」9話感想:ジャーマン大好きマン。

※独断と偏見で書いてます。
※かなり簡素に書いてます。ただの感想垂れ流しです。


毎話感想を書いてますが、4話あたりからただでてきたプロレス技をまとめたいだけ、みたいなとこあります。ちなみに原作は読んでいません。

ちょっとだけ紹介

「旗揚!けものみち

f:id:hokurikude:20191107013019j:plain


原作:暁なつめ
この素晴らしい世界に祝福を!」の原作者といえば分かる方が多いかと思います。

作画:まったくモー助・夢唄


協力:DDTプロレス
YouTubeではDDTのスーパーササダンゴマシンが進行でアルゼンチンバックブリーカーを実演しているので、アニメだけでなく実際のプロレス技をYouTubeでぜひ。


※ここにもうちょっと詳しく書いてます。
www.anime-diary.com




今週のプロレス技(漏れがあったら申し訳ない)

・恥ずかし固め
・ジャーマン
・腕十字
・ローリングクレイドル(いがぐりの上でやったら完璧ですね笑)
クロスチョップ
・パイルドライバー

・バックドロップ


———ここからネタバレあります———

9話「プリンセス×パンツ」感想

カーミラ才三がなぜか散歩ごときでギブアップと思えば、1話のプリンセス登場。パンツパンツの小競り合い。魔獣殺しから勇者に、そしてレスラーに。と、そんなことはどうでもいいですね。
ジャーマン、ジャーマン、ジャーマンスープレックスに次ぐパイルドライバーで王女の首が心配ですが、床がちゃんと抜けていたので大丈夫そうですね笑(ハードコア視点)。


魔王「スペペペペ」がMAOというオチ。前からわかっていましたが、それにしても雑で笑えますね。


んで、
いろいろと面白い展開になってきたな、と思うと失速する感じどうなんでしょう。MAOも引っ張るだけ引っ張って、王女も引っ張るだけ引っ張って出てきたらあれは、正直ちょっと拍子抜けです。お話に起伏が乏しいのでギャグ一線なアニメなはずが、そこがほころびかけているような……全体的に微妙になってきました。でも一週間に一回見るのが楽しいアニメって感じなのでそれもありです。あとになって過去アニメとして一気見はできなそうなアニメなのでこのタイミングで見れる幸せを噛みしめてこの辺で感想は終わりにします。


※とりあえずシグレ可愛い。

作画

いい感じです。心なしか、話数を重ねると同時に画もよくなっている気がします。

最後に

話が進まないですね。進まな過ぎてびっくりするくらい。MAO対源蔵を引っ張りすぎてダレてる感じがします。とはいえMAOとの勝負は熱いですね。早く見たいです。


ギャグ要素も弱ってきたのでもっと衝撃のある話を期待してまた来週。





「可愛いだけじゃ終われない!!!」
ということで最後の最後に、一プロレス好きとして観たい技がいくつか。1話感想3つで書いたので、アニメで実際に出たら1つずつ消していこうと思います。


1:リバースタイガードライバー
タイガードライバーではなくリバースタイガードライバーです。タイガードライバーの逆バージョンですね。


2:ムーンサルトプレス
言わずもがな、世界一有名な技ですね。コーナーからバク転の要領で倒れている相手をプレスする技です。さすがにこれはでるだろうと思っていたのですが、源蔵使えないパターンでしょうか。


3:パワーボム
出かけて切り替えされちゃいましたね。


※どれもでませんでしたが、パイルドライバーがでたのでその辺は満足。


公式
hataage-kemonomichi.com