ひげを剃る。そしてアニメを観る。

毎話ではなく、季節の変わり目にアニメのレビューを更新していきます。

「ドロヘドロ」4話感想:煙ファミリーには緊張感がない。

ちょっとだけ紹介

www.youtube.com

原作:林田球 (小学館「ゲッサン」)

監督:林祐一郎

制作:MAPPA


———ここからネタバレあります———




ちょっとだけ梗概

煙ファミリーはカイマンを探すもののなかなか見つからない。
そして煙ファミリーは死人を生き返らせるパーティーへ。ファミリーのボスである煙はパーティーで生涯を共にする魔法使いのパートナーを見つける。そこで、死人を生き返らせる魔法使いにパートナーになってもらうべく会いに行くも、その相手は偽物。パートナーになったのは魔法の使える犬だった。

後半の後半パートはカイマンとニカイドウのゆく年くる年。いつも通りカイマンの顔をいじった魔法使いの探し旅。最後には魔法使いに詳しい科学者に会い、カイマンの顔を戻すことができるかもしれないという話になるが……。

4話感想

煙ファミリー回でしたね。これまで謎の多かったカイマンとニカイドウの敵となる煙ファミリーの日常が描かれました。エリスやノイなどこれまで薄く出ていたキャラの個性が見れて、ドロヘドロの世界をまた一歩先まで理解できた気がします。基本的にアクションシーン以外緊張感がなく、怖いビジュアルにグロテスクな表現があっても面白く見れるのがうれしいところ。煙ファミリーもなかなかエグイことをしていますが、結構軽く描かれています。


「人間だと思っていたニカイドウが実は魔法使いだった」ことには、まだ深くは触れないようです。4話は話の動く回ではなかったので、そこまで何かあったわけではないのですが、全体的にギャグ調で話しが進んでいくので退屈することなく見ることができました。

口の中の男はすでに死んでいる。

カイマンの口の中にいる人のことだったんでしょうか。だとすると、謎が深まりますね。死人を口の中に入れて運べるはずもなく、そもそも口の中に人がいること自体がありえないんですが、ドロヘドロの世界観だとできるのではと思ってしまいます。

前半の人形を作っている部分や人形が暴走する部分はちょっとよくわかりませんでした。いろいろ理解するのに時間がかかるな~って感じです。


最後に

最後、次につながるような含みを残して終わったので、5話カイマンがどうなるのか気になります。



公式
dorohedoro.net