ひげを剃る。そしてアニメを観る。

毎話ではなく、季節の変わり目にアニメのレビューを更新していきます。

「とある科学の超電磁砲T(3期)」5話感想:婚后さんが……

独断と偏見で簡素に書いています。

ちょっとだけ紹介

www.youtube.com

原作:鎌池和馬+冬川基
キャラクター原案:はいむらきよたか

監督:長井龍雪

制作:J.C.STAFF

OP:「final phase」fripSide
ED:「nameless story」岸田教団&THE明星ロケッツ




ちょっとだけあらすじ

黒子、初春、佐天さんの三人は食蜂岬に記憶を消され、量産型御坂こと御坂妹がさらわれてしまう。記憶をいじられていない婚后光子にそのことを相談し、御坂妹を捜してもらうのだが、相手組織の一員と思われる青年に襲われてしまう。そして、婚后光子のピンチに現れたのは……

5話感想

少しずつではありますが、話が盛り上がってきました。婚后さんがここまでフィーチャーされると思っていなかったので、御坂のために動くカッコイイ姿を見て少し見直したというか、こんなにいい子だったんだと新たな発見がありました。
序盤、特に3話までは進行が遅いな~と不満を漏らしていたわけですが、ここに来て話が加速してきました。個人的にはアニメはスピードが大事でダレてはいけないと思っている人間なので、大覇星祭の競技にも婚后さんと御坂を近づける意図があり、婚后さんを襲った青年を出していく布石という意味合いがあったとは思いながらも序盤弱かったなと思ってます。
それだけに4、5話の記憶改竄から婚后さんがボコボコにされるまでの一連の流れは、物事の動くスピードが速く見ていてワクワクしてくるところがあります。


食蜂岬

量産型御坂を使って何をしようとしているのか、かなり謎が多くそのほとんどが語られていません。4話であった「食蜂様の適正化は絶対」という言葉から察するに、量産型御坂を使って食蜂さん自分に何か変化をもたらそうとしているのかな~なんて思っていたりします。原作を一切知らないので完全なるテキトーですが。


最後に

記憶を消されたり、婚后さんが襲われたり、結構カオスになってきましたね。このごちゃごちゃしたシリアスっぽい展開いいですね。次回と言わず、これから先どう話が転がっていくのか楽しみです。



公式
toaru-project.com