ひげを剃る。そしてアニメを観る。

毎話ではなく、季節の変わり目にアニメのレビューを更新していきます。

マギレコ「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」6話感想:杏子登場!そしてフェリシアの復讐とは……

ちょっとだけ紹介

www.youtube.com

原作:Magica Quartet

総監督/シリーズ構成:劇団イヌカレー(泥犬)

メインキャラクター原案:蒼樹うめ

アニメーションスーパーバイザー:新房昭之

アニメーション制作:シャフト


オープニング:「ごまかし」TrySail
エンディング:「アリシア」ClariS




———ここからネタバレあります———

ちょっとだけあらすじ

妹を探すため?に他の魔法少女のテリトリーに入るいろは。そこで売られていたのは「幸運水」、そしていろはは幸運水を飲んでしまう。その後、妹を捜し続けると魔女に遭遇し、洋平稼業?をするフェリシアに助けられる。
幸運水を飲んでしまった二人はやちよ達の手を借りて、幸運水を売った魔女を退治することになるのだが……

6話感想

5話ラストのレナとももこが倒れかえでが逃げるシーンのついての説明が一切ないことが、気になったり気にならなかったりしているわけですが、そこは次に持ち越しのようです。

マギレコは毎話毎話、何かしら展開的に動きがあるのがいいですね。停滞することなく着実に世界観を構築して、キャラも誇張なくしっかり立てられている。アニメらしいアニメで、話をとっても画をとっても今期いちばん面白い、素晴らしい作品なのではと思ってます。


幸運水

「フクロウ印の幸運水、一度飲めば憂つは晴れ、あらゆる病気もペロリと治り、運気開運、運命快晴、家宝もどかっと転がり込むってすんぽうだ」悩みや苛立ちも、すべての不幸が消え去り幸運が舞い込むが、幸運を使いきると不幸がやってくる。

やはりこの噂にも魔女がかんでいて、と思いきや幸運水の人は「やがてすべての魔女を消し去る」と言う。挙句の果てに、幸運水の人がフェリシアを雇うと言いだす。相変わらず暗い感じがでてきますね。
フェリシアの内に眠る怒りを見抜き、復讐を手伝うことが報酬と言う幸運水の人。これはまた不吉な匂いがしつつも、今作は誰かがマミってしますような話ではないのかな~とも思っているので、どこまでシリアスでダークな話を見せてもらえるかにも結構期待してます。


「マギウスの翼とは……?」「フェリシアの怒り・復讐とは……?」

ここだけ疑問が残る最後になりました。
フェリシアの復讐に関してはなんとなく想像がつきますが、マギウスに関してはその言葉の意味自体がわかりませんでした。これから何かしら説明があるとは思いますが。


杏子登場!

マミさんだけでなく杏子も登場。まどマギの中で個人的に一番好きだったキャラなので登場がうれしすぎます。
ちょろっと出てきただけでしたが、これからに含みが出てきてていいですね。次が楽しみになります。




最後に

予想以上に面白い。というか、この独特で変な世界観やそこに居るふわっとしたキャラに魅力を感じているんだと思ったところで感想は終わりにします。



公式
anime.magireco.com